カラクリスタ・ライフ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトの日記です

差別心を克服できないならとっとと黙った方が良い

最近 トランスジェンダーの風呂とかトイレが云々…… という話題で 差別心を丸出しにしている輩が居る けど、 正直 自分の中の差別心にも気付かずそれを克服する気も無い のであれば、 いちいちソレをネットへ垂れ流しにしたりする ことぐらいは止めて とっとと黙ってろ と思う。

正直な所、自分の中にも 特定の趣味(コスプレとか着ぐるみとか)に対する苦手意識 や、 あるいは 国内での外国人っぽい人々への根拠のない恐怖心 とかについては 無いワケじゃない し、 そういう感情が 頭では判ってるけど出てきてしまう というのは 人間が不完全である以上ある程度は止むを得ない とは思う。

ただ、だからと言って その感情を肯定してあまつさえ他人に向けて発露する というのは 相互不理解を招くだけ だし、 だいたい そう言う感情を相手に向けられるのはその感情を向ける側が多数派に属しているから出来ているだけ の話であって、 自分達が少数派だったら出来ない様なコトをするもんじゃない

と言うより、そういう 多数派に属しているコトを盾に虎の威を借る狐みたいなコトをしている と、 最終的には 自分が少数派になった時自分という少数派が多数派という虎に食い殺されるのを誰にも止めてもらえなくなるよ? と思う。

それと真面目な話、トランスジェンダーの方の風呂とかトイレの問題大規模災害時にどうするんだよ? という問題でもあるし、 自分みたいに 性別違和に対して何も手当てせずにかろうじてなんとかなってる とか、 あるいは 性別移行が終っていて戸籍も変わっている方 ならともかく、性別移行が完全に終わってない方 の場合、 男側にも女側にも混ぜられるのが困る という事態も起きて来るのは認識した方が良いと思う。

まぁ災害時の場面以外でも風呂とかトイレなどの衛生問題は、 性別違和が無くてトランジェンダーでも無い けど 性分化疾患とかで性別が非定型を示している方 の問題でもあるし、 風呂入るのに介助が必要な方 とか、あるいは ストーマ(人工肛門)とか造ってある方 の問題にもなり得るので、 そういう少数派への身体的・精神的な配慮が必要な場面で、少数派は黙って不潔にしてろ と言えますか? って事でもあると個人的には思います。